トップページ

半袖は夏だけのファッション?

半袖というとTシャツをイメージし、色だけでなくメッセージ性のある文字や好きなキャラクターなどデザインが豊富で、着ている人の性格や趣味・好きな物などが推察できます。
全体のデザインでは袖の形に求める場合が多く女性用ではパフスリーブなどカワイイデザインがあります。
夏のファッションだと思いがちですがニット素材もあり秋口や暖房が効いた場所で活躍します。
洋服では肘ぐらいまでの長さの袖の服を指しますが、和服では肌襦袢や野良着に着ける物で半幅の袖を指します。
半袖を着る気温の目安は25度前後で夏日と呼ばれる時に着る場合が殆どで暑がりであれば20度程度で着る人もいます。
気温だけでなく日差しがあるか、雨が降っているかによって変わり、気温だけでは判断しかねる時もあります。
男性の正式なファッションでは袖が短いタイプは殆どありませんが、女性の場合はドレスなど短い袖だけでなくノースリーブもあります。
子供がカジュアルな服装をする際に長袖の上にベストのように着用するファッションがあり、大人でも真似して着ている人がいます。
気温に応じて脱ぎ着できるので、季節の変わり目などには便利な服装です。
高齢の方には抵抗があるファッションです。

使い方によって活用の幅が広がる半袖

半袖は袖の丈が短い服のことを指して言う言葉であり、主に夏服に使われることが多いものです。
袖が邪魔にならないため動きやすいというメリットがあるので、学校の運動着やスポーツウェアなどにも取り入れられている場合が多くあります。
シャツやTシャツ、カットソーなど様々なものがあり、使用場面に応じて選ぶことができます。
夏には一枚できることも多いですが、他のアイテムと合わせて着用する場合も多くあります。
夏のものというイメージが強い半袖ですが、寒い時期の下着として利用される方も多くなっています。
機能性下着などもこうした形のものが販売されています。
長そでに比べて袖がもたつかないというメリットもありますし、肩がカバーされていて冷えないので、タンクトップやランニングタイプの下着よりも保温性が高くなります。
また、長袖のインナーとして利用したり、または外に重ね着をするという形で着用することができます。
こうした形で着用することで、季節の変わり目の不安定な気温にも対応しやすくなるのです。
半袖のアイテムは夏しか着ないと思われる方も多いですが、購入する際に何通りかの使い方ができるものを選ぶと、使う場面が広がっていくのです。

recommend

iPhone修理 千葉
http://iphone-station.com/
掛軸 買取 愛知県
http://www.r88.jp/
弁当箱
http://www.hakoya.co.jp/

Last update:2016/6/23